本文へ移動

医師の紹介

院長 鳥巣 弘道
副院長 鬼ケ原 幹久

院長あいさつ

 2023年4月より院長に就任しました鳥巣弘道(とりすひろみち)です。2年前に赴任した際に「本土や都会と変わらない安心で安全な妊娠、出産ができる環境をつくること」「不妊治療、婦人科疾患、更年期障害などの相談も遠慮なくできる環境をつくること」を目標にしてきました。優秀なスタッフと患者様の温かいご理解、ご協力のおかげで着実に一つずつ達成できていると思います。
 種子島産婦人科医院は2008年に種子島の一市二町の思いを受けて設立されました。島で唯一の産婦人科である事の責任を自覚し、受診された患者様に「受診してよかった。安心した。」と言っていただける医療を行っていきたいと思います。4月からは鹿児島大学病院から鬼ケ原(おにがはら)先生も来ていただきました。
 住吉先生、前田先生から受け取ったこの大事なバトンを二人でしっかりと引継ぎ、今後も種子島の女性と赤ちゃんのために頑張っていきます。

 皆さん、何か心配なこと、不安なことがあればいつでも相談に来てくださいね。一緒に話し合いながら一番いい方法を見つけていきましょう。

                                                                                     種子島産婦人科医院 院長 鳥巣 弘道

副院長あいさつ

 はじめまして。4月より赴任した、鬼ケ原 幹久(おにがはら もとひさ)と申します。
 鹿屋市出身で、鹿児島県医師就学資金貸与制度を利用して、鹿児島大学に入学しました。今年度から、地域医療への就労義務の一環として、当院へ勤務することとなりました。そのような経緯ではありますが、当院で勤務することは大変楽しみでした。地域の方々と触れ合いながら、皆様の抱える思いや悩みに寄り添い、種子島の産婦人科医療に貢献したいと思っております。
 当院で勤務するにあたっての目標の一つが、「離島でも標準医療を提供する」ということです。以前、他の離島で勤務していた際、「ここは離島だから」と標準医療とは異なる医療がなされ、患者さんが悲しい思いをされる場面を何度も目にしました。もちろん、すべてが都市圏と同じというわけにはいきませんが、我々の知識・スキル・情熱次第で、それを標準へ近づけ、さらに進んだ医療を提供することも可能と考えます。
 本年度からベテランの鳥巣弘道院長との二人体制となります。院長に負けないくらいの熱さ、丁寧さをもって、安全な標準医療の提供、地域の皆様に愛される病院づくりに邁進していく所存です。
 種子島のさん、是非ともよろしくお願い申し上げます。

追伸:サーフィン、釣りに挑戦したいです。お酒も大好きです。おすすめスポットがあれば教えてください。

                            種子島産婦人科医院 副院長 鬼ケ原 幹久
種子島産婦人科医院
〒891-3101
鹿児島県西之表市西之表16314番地7
TEL.0997-22-0260
FAX.0997-23-2281
0
7
7
0
8
9
TOPへ戻る